So-net無料ブログ作成
検索選択

墨攻 [小説・漫画]

墨攻

墨攻

中国戦国時代、諸氏百家の中で、儒家、道家とともに名をとどろかせていたのが、「墨家」。
墨家とは、「十大口号」というスローガンを掲げ、社会主義を実現しようとした、歴史上実在した思想団体です。
「十大口号」の一つに「非攻」というものがあります。
これは、自ら他国を攻撃しないというものです。
自ら動いて他国を侵略しようとはしない。
けれども、ひとたび、他国から攻撃を受けたら、国家が一致団結して守り抜きます。
墨家は、国家を防衛するための兵法にも長けています。
ですから、侵略を受けようとする国に、墨家は駆けつけ、号令をかけて、防衛します。
墨家は戦闘のスペシャリスト集団でもあったわけです。

ある時、小国・梁が、趙に今にも侵略を受けそうになり、墨家に助けを求めます。
その声に応じて現れたのが、革離という男です。
革離は仲間を伴う事もなく、たった一人でやって来たのです。
このたった一人の男、革離をリーダーに、小国・梁が、趙国に立ち向かいます。

戦争とは何か?
国家とは何か?
正義とは何か?

痛快娯楽短編小説でありますが、深いメッセージを投げかけてくれます。


2005-10-08 15:06  nice!(0) 

nice! 0



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。