So-net無料ブログ作成

バウッダ [仏教書]

バウッダ―仏教

バウッダ―仏教

  • 作者: 中村 元, 三枝 充悳
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 1987/02
  • メディア: 単行本

宗派の立場に、とらわれる事なく、文献学の手法をもって、仏教を客観的に研究する学問を「仏教学」と言います。
それぞれの宗派にも「宗学」という学問があります。
しかし、それは、「うちの宗派こそ正しい」という、主観に基いたものです。
仏教学では、そうした主観を排除します。
それによって、客観的な仏教の姿を浮き彫りにしようとします。
その仏教学の入門書に相当するのが、この本です。
通常の仏教入門書と異なり、初心者にとっては少々、難解に感じるでしょう。
しかし、この本を読めば、「なるほど、仏教学というのは、こんな風に研究しているのか!」という事がわかって来ます。
とにかく、この本を本棚に置いて、機会があれば、繰り返し、読み返すようにしてください。
そのたびに、新しい発見があるはずです。
著者は、仏教学の権威、故中村元先生と、三枝充悳先生です。
私は、この本を読んで、目からウロコが落ちました。


2005-10-08 14:49  nice!(0) 
共通テーマ:

nice! 0



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。